子持ちの再婚の婚活をするならネットははずせない

初婚ではなく旦那さんや奥さんと離婚をしていてバツイチで子供がいる方が再婚を目指す場合、自分には子供がいるということを相手に伝える必要がありますが、そのタイミングが難しいです。せっかくうまくいきそうだったのに子連れで再婚ということがわかったら相手がひいてしまうというケースも珍しくないですし、そうなると時間的にもロスになってしまいます。

ネットの結婚相談所や紹介サイトの多くは、自分のプロフィールを公開して相手を探していく事になりますが、そのプロフィールにバツイチで子供がいるということを明記できるので、初めから子持ちであることを前提として婚活をすることができます。また、探せる対象も日本全国になりますので再婚相手との出会いの幅も大きく広がります。息子や娘の父親や母親であるシングルマザーの女性やシングルマザーの男性など、離婚して子供がいる相手を求めている方も少なくありませんので、ネット婚活に集中することで相手も格段に見つけやすくなります。また夫婦として、子供の両親として互いの価値観を認め合って家庭を築き、家族になっていくことに専念できるため婚活も格段に成功しやすくなります。

ポイントはできる限り有料のサービスを使うことです。そうすることで、匿名ではなくお金を払って真剣に婚活をしている方に絞って探すことができるので成功率も高くなります

【コラム】そもそもは他人。相手に求め過ぎない

あなたは、婚活を行うときに対して、相手に関してはどんなところを求めていきたい、と考えているのでしょうか?それは人によって変わりますし、仮に同じところがあったとしても、その求めている度合いというのは変わってくるところになります。逆にどんな人でも構わない、ということはなく、それがあるからこそ選ぶ相手というのも気持ち的に慎重になっているところがあるかもしれませんね。そして、あなたが相手に対して求めているものを比較しながら、結果的にそこで合った人と今後付き合ったり、恋愛をしていこうと思っているのではないでしょうか。確かにこれはとても重要ではあるものの、逆にそれが足かせになっているようなことは現実のところないでしょうか。

つまり、理想の彼氏や彼女として求めすぎるあまり、逆に誰にも合わないような人を自分の中に作ってしまっているようなことはないかを確認することが必要になるからです。もちろん、その求めているものをすべて捨てる、というのは現実では難しいかもしれませんが、その中に不要なものがないかを確認しましょう。きっとその中には、現実的にはムリ、または可能性がとても低いものが入っているのを見つけ出すことが必要になります。その一方で、自分自身が完璧ではないことはよく知っているわけですから、それを満たすことをすべて求めるのは、やはりムリと知っておくことが必要になるわけです。

このページの先頭へ